トップ

インターネットで出来る事

インターネットで作業

インターネット上のアプリの意味

インターネットからダウンロードして使用できるアプリというと、スマートフォンやタブレットを思い浮かべます。もともとアプリケーションの略称であったのですが、パソコンのそれはエクセルやワード、メモ帳などのOS上で使えるソフトのことを表します。パソコンの場合は、ソフトと略されてきたこともあり、スマートフォンやタブレットからインターネットを通じて使用できるものとは区別することができます。日頃意識しないで使い分けているわけですが、考えてみるとどちらも広義には同じものの略称なのに、微妙に使用する目的が違っているのは興味深いことです。

格安

アプリにて色々な作業をする。

インターネットには、色々なホームページなどの情報に加えてプログラムに関しても有償や無償のプログラムを配布しているケースがあります。インターネットが普及していない場合には、コンピュータのアプリに関しても箱にはいったCDやDVDなどのパッケージを購入してパソコンへインストールを行っていました。しかし、光ファイバーなどの通信環境が高速で大容量にも対応できるようになった為に、スマートフォンやパソコンに関してのアプリに関しては店頭での販売はほとんどなくネット上のホームページ経由で購入をするようになりました。

↑PAGE TOP

© Copyright インターネットで出来る事. All rights reserved.